一人暮らしだからこそ!可愛い子猫との暮らしたい貴方へのアドバイス

一人暮らしで、昼間はお仕事。

疲れて家に帰ってもし、可愛い猫がお出迎えをしてくれたら。

いえ、迎えてくれなくてもいい。
すやすや眠る姿に癒されたい
けど、留守番ばかりの生活は猫にとって幸せなのかな?
ちゃんと世話ができるのかな?
そんなあなたへのアドバイスです

食事のタイミングと子猫のご飯

子猫は一般的に食事の回数が多くなくてはいけない。
と言われています
けど、自分は仕事がある。

1日に何回もご飯をやりに戻れないよ!
そんな方のパートナーには少し大きくなった仔猫が良いです
乳歯が生え揃い 固形のフードを食べる事が出来て元気に飛び回るくらいですね
小さいので人になれやすく、また赤ちゃんでは無いのでご飯もきちんと食べられます
これくらいになると朝と夜帰宅してからの二回のご飯でもでも大丈夫なんです
ただし、この場合は栄養価の高いフードをたっぷり。

そしてちゃんと消化できているかトイレを見てチェックしてあげて下さいね。

留守番中の仔猫はどうする?

仔猫を実際に見たことがあると解ると思いますが
彼らはとてもとても小さいんです。
本当に。

こんな子を留守番させて大丈夫なの?どこかに挟まってしまったり見つからなくなったりしない?
こんな不安をよく聞きます
確かに危険ですね。
タンスの裏にでも入って出られなくなったら 想像してもゾッとします。

だから仔猫にはケージを用意してあげましょう
さほど広くなくていいんです。

子猫が飛び上がって遊べる程度の高さがあれば、慣れればそれで充分遊んでくれますよ。

中にはトイレときれいなお水。
いい子で待ってられるように寝床もおいてあげましょう。

でもやっぱり1日一匹でお留守番は寂しいので、帰宅したら沢山遊んであげて下さいね
そして万一ケージから出てしまった場合を考えて、留守中はお風呂の水は抜いていてあげましょう
猫は変わったところの水を飲むのが大好きなんです。
お風呂の水を飲もうとしてボチャン!という事故も少なくはないんですよ
同じ理由でトイレの蓋もしっかり閉めておきましょうね

仔猫のご飯 何を選べばいいの?

仔猫には専用フード(キトゥン)がオススメです
飼い主さんの中には「私の猫のご飯は私が作る!」という人もいますが、
実は猫のご飯を完璧に作るのはとっても難しいんです。

なんて言っても彼らは肉食の獣ですからね。
必用なタンパク質を摂取させてビタミンその他を配合・・とても大変です。

だからと言って生肉は絶対に与えてはいけません。
仔猫の場合細菌にやられて命を落とす事もあります。

そこはプロに任せて 市販のフードを買うのが良いでしょう
プレミアムフードの中には全年齢対象のものもあります。
こちらはタンパク質も豊富なので仔猫には良いものも多いですね
いずれの場合も、与える際にはよく適正年齢と成分とカロリーを見て 自分の猫に合うかを見定めてあげてください

いかがでしたか?

コツを掴めば一人暮らしでも猫と暮らす事は可能なんです。

大事なのは猫があなたと快適に暮らせるよう 飼い主さんが色々と知る事なのだと思われます

飼い主さんが猫を思いやればこの分 その猫はあなたにとって良きバートナーとなってくれるでしょう

飼い主さんとあなたの猫が幸せな生活を送れる事を心より願います