大切な猫の体を守るために!キャットフードの選び方にこだわろう

ペットを飼っていると、体調管理にも気を使いますね。

特に猫が大好きなものの、仕事で家を空けることが多いという方は、フードの影響を受けやすい猫のためにも慎重にフード選びを行うようにしましょう。

動物病院で取り扱いのあるフードだと信頼感が高い

様々なキャットフードの中でも、動物病院で取り扱っているフードは信頼性も高く安心して与えることができます。

まず、動物病院で取り扱いがあるフードは、たくさんの猫ちゃんが食べているため、データが蓄積されています。
食べたときに体調を崩すことがないか、また体重の増減などの情報が集まっているため、安心して食べさせることができるのです。

フードと体質の相性によっては体調を崩してしまうこともありますが、動物病院でも販売されているフードであれば対処も簡単です。
フードの特徴を獣医も飼って掴んでいるため、薬の処方なども行いやすいです。
飼っている猫の体調を守りたいなら、動物病院で取り扱いのあるフードを選んでみましょう。

優れた原料を使用していることは体調管理の上で重要

キャットフードによって、利用している原材料は異なってきます。

中でも、ホームセンターなどで安く販売されているフードには穀物が多く含まれています。
もともと猫は肉食の動物になるため、穀物を必要とはしていません。
穀物は個体によってアレルギーの原因ともなるのです。

また、安いキャットフードの中には副産物を含んだものも存在しています。
副産物は、鶏の頭や足など栄養分が少ない部分のことで、食べたとしても健康を助けてはくれません。
大切な猫ちゃんといつまでも暮らしたいなら、粗悪な原料を使用したフードの購入は控えましょう。

逆に購入したいフードとして、穀物無配合のものやオーガニックで育てられた肉や魚を使用したものを挙げることができます。
質の良い原料を使っているものを食べさせることで、臓器や筋肉を健全に保てます。

サンプルを利用して猫の体調と相性の良いフードを選ぶ

質の良いキャットフードであれば、食べさせたときに体調を維持しやすくなると簡単に考えがちです。

ただ、猫ちゃんの体質によってはどんなに高品質なフードを食べさせても、体調を崩してしまうこともあるのです。
高品質なキャットフードは高いことが多いため、大袋のものを購入すると損してしまいますね。
この心配がある方は、サンプルを取り寄せて食べさせてみましょう。

フードによって、1食分程度の量で売られているものもあります。
このサンプルをいくつか購入し食べさせることで、体調に合っているのか確認しやすくなるのです。

サンプルは、動物病院やペットショップで無料でもらえるほか、ペット用品専門店で購入することも可能です。

家族とも言える大切な猫ちゃんのためには、動物病院などで販売されている高品質なフードを購入することが重要です。

販売されているフードの数も種類豊富になるため、まずはサンプルを取り寄せて試してみましょう。

グレインフリーのドッグフードは一度知ったら続けて購入したくなる

愛犬の平均寿命は、従来よりも飛躍的に向上していて小型犬ならば15歳程度まで生きることが多いです。

なるべく健康寿命を伸ばしてあげるためには、最も重要なこととして適切なドッグフード選びがあります。

病気知らずで育てるためにもドッグフード選びが重要なわけです。

愛犬の調子が悪いのは食物アレルギーが原因かもしれない

愛犬の調子が悪くても病院へ連れてゆくと異常なしと言われてしまうことがあります。

中にはヘルニアが全く無くても元気がない理由をヘルニアのせいにする獣医が横行している状況です。

まだアレルギー検査をしていなければ、一度食物アレルギー検査を依頼してみると良いです。

ペットフードとして販売されている製品には、様々な価格帯のものが存在しているだけでなく、グラム単価が10倍もの開きがある製品まであります。

犬は雑食性がありますが、本来は肉食動物ですから原則として肉中心のドッグフードとなっていれば問題ありません。

しかし、中には穀物が大半を占めていて知らないうちに穀物アレルギーを発症しているかもしれないわけです。

食べられるものと与えたいフードの違いを知ろう

肉食動物である犬は、人間とは異なり唾液にアミラーゼがほとんど含まれていないので、穀物を咀嚼して分解することが出来ません。

十二指腸まで行って初めて糖質の分解が可能となるので、胃腸へ大きな負担が掛かります。

肉ならば胃で大半を消化出来るので、腸に届いた時点では栄養の吸収に専念可能です。

消化の良さと栄養吸収効率を考えると、良質な肉が大量に含まれたドッグフードが望ましいわけです。

雑食性が高い犬ならば、穀物でも食べられますが消化が得意とは言えません。

そこで、犬が食べられるからといってエサとして適しているわけではなく、あくまでも良質な肉中心のエサが理想となります。

グレインフリーなら良質なフードが多い

グレインフリーのドッグフードならば、アレルギーを起こしやすい穀物が含まれていないだけでなく、原料として肉が中心となります。

事実上のカサ増しが出来ないので、ドッグフード1袋の価格は高くなる傾向にあり、結果的に原料の肉も人間向けと同等の高品質な製品が使われるわけです。

さらに、合成保存料や着色料だけでなく酸化防止剤まで年々のもの以外は配合していないので、安全性が高いドッグフードが考えられています。

グレインフリードッグフードを選ぶ人は、原材料一覧をしっかりチェックしてから購入する人が多いので、メーカー側も成分表記に力を入れています。

グレインフリーのドッグフードに出会うと、多少価格は割高感があるものの、愛犬の体調が良くなるので愛情を注いで飼育しているほどリピート率が高くなります。

愛犬が健康的になるだけでなく、活動的になるので一緒に遊んでくれることも多くなるわけです。

今まで体調不良だった原因が食物アレルギーならば、穀物が含まれていないグレインフリーのドッグフードは体調が好転するキッカケとなります。

一人暮らしだからこそ!可愛い子猫との暮らしたい貴方へのアドバイス

一人暮らしで、昼間はお仕事。

疲れて家に帰ってもし、可愛い猫がお出迎えをしてくれたら。

いえ、迎えてくれなくてもいい。
すやすや眠る姿に癒されたい
けど、留守番ばかりの生活は猫にとって幸せなのかな?
ちゃんと世話ができるのかな?
そんなあなたへのアドバイスです

食事のタイミングと子猫のご飯

子猫は一般的に食事の回数が多くなくてはいけない。
と言われています
けど、自分は仕事がある。

1日に何回もご飯をやりに戻れないよ!
そんな方のパートナーには少し大きくなった仔猫が良いです
乳歯が生え揃い 固形のフードを食べる事が出来て元気に飛び回るくらいですね
小さいので人になれやすく、また赤ちゃんでは無いのでご飯もきちんと食べられます
これくらいになると朝と夜帰宅してからの二回のご飯でもでも大丈夫なんです
ただし、この場合は栄養価の高いフードをたっぷり。

そしてちゃんと消化できているかトイレを見てチェックしてあげて下さいね。

留守番中の仔猫はどうする?

仔猫を実際に見たことがあると解ると思いますが
彼らはとてもとても小さいんです。
本当に。

こんな子を留守番させて大丈夫なの?どこかに挟まってしまったり見つからなくなったりしない?
こんな不安をよく聞きます
確かに危険ですね。
タンスの裏にでも入って出られなくなったら 想像してもゾッとします。

だから仔猫にはケージを用意してあげましょう
さほど広くなくていいんです。

子猫が飛び上がって遊べる程度の高さがあれば、慣れればそれで充分遊んでくれますよ。

中にはトイレときれいなお水。
いい子で待ってられるように寝床もおいてあげましょう。

でもやっぱり1日一匹でお留守番は寂しいので、帰宅したら沢山遊んであげて下さいね
そして万一ケージから出てしまった場合を考えて、留守中はお風呂の水は抜いていてあげましょう
猫は変わったところの水を飲むのが大好きなんです。
お風呂の水を飲もうとしてボチャン!という事故も少なくはないんですよ
同じ理由でトイレの蓋もしっかり閉めておきましょうね

仔猫のご飯 何を選べばいいの?

仔猫には専用フード(キトゥン)がオススメです
飼い主さんの中には「私の猫のご飯は私が作る!」という人もいますが、
実は猫のご飯を完璧に作るのはとっても難しいんです。

なんて言っても彼らは肉食の獣ですからね。
必用なタンパク質を摂取させてビタミンその他を配合・・とても大変です。

だからと言って生肉は絶対に与えてはいけません。
仔猫の場合細菌にやられて命を落とす事もあります。

そこはプロに任せて 市販のフードを買うのが良いでしょう
プレミアムフードの中には全年齢対象のものもあります。
こちらはタンパク質も豊富なので仔猫には良いものも多いですね
いずれの場合も、与える際にはよく適正年齢と成分とカロリーを見て 自分の猫に合うかを見定めてあげてください

いかがでしたか?

コツを掴めば一人暮らしでも猫と暮らす事は可能なんです。

大事なのは猫があなたと快適に暮らせるよう 飼い主さんが色々と知る事なのだと思われます

飼い主さんが猫を思いやればこの分 その猫はあなたにとって良きバートナーとなってくれるでしょう

飼い主さんとあなたの猫が幸せな生活を送れる事を心より願います